アーカイブ / Archive


ALL IS YOUR LIFE #1

じゅんじゅんSCIENCE(scene01-04)

第1回目はコンテンポラリーダンスのじゅんじゅん SCIENCEの高橋淳さん。

パフォーマンスシアター「水と油」のメンバーとして活動し、2006年から じゅんじゅん SCIENCEを設立。2007年の横浜ダンスコレクションの審査員賞受賞。ベルリンでの研修(文化庁新進芸術家海外研修)や講師もされ、ダンサーのみならず、外部への演出や振付けなどもしています。今回は2016年初演の公演「街角」の再演(2017年)を稽古期間から撮影させて頂きました。

 

The first of “ALL IS YOUR LIFE” is Mr. Jun TAKAHASHI of “JunJun SCIENCE” of contemporary dance.
He acted one of the members at the performance theatre “Mizu to Abura”, and then started “JunJun SCIENCE” in 2006.  In 2007, He won the judges' award of the Yokohama dance collection. Furthermore, he went to the training at Berlin (the overseas study program for upcoming artists of the Agency for Cultural Affairs) and also worked at as the dance teacher there. He is active in many fields not only a dancer, such as staging and choreographies for other companies. In this time, we recorded from a rehearsal of the replay of “On the corner”(2017) which premiered in 2016.


ALL IS YOUR LIFE #2

樹木医 後藤瑞穂

 ALL IS YOUR LIFEのシリーズ第二回は樹木医 後藤瑞穂さんです。
後藤さんは樹木医歴17年(平成13年に熊本県で初の女性樹木医)。一級施工管理技師の資格も持ち、株式会社木風の代表取締役です。また日本で最初に、音波による樹木の内部を画像化する「ピカス樹木腐朽診断」を導入し、独自の土壌改良材のブレスパイプの作成や、一般の人が参加できる樹木保護のためのNPO法人フォーエバーツリーネットワークの設立、女性樹木医の育成と連携のための「じゅもくい女子会」を設立などなど、その活躍は多岐に渡ります。

 

The second series of “ALL IS YOUR LIFE” is Ms. Mizuho GOTO of the tree doctor.
Ms. GOTO has 17 years experienced the tree doctor: she was the first woman of the tree doctor as of 2001 in Kumamoto, Japan. She had a licence of the First-Class landscape gardening work operation and management engineer, and also the president of KOFU Inc. She innovated the machine of “PiCUS Sonic Tomograph” at the forefront in Japan, making “Breath Pipe” by original improved material of soil, set up “Forever Tree Network” by a specified non-profit corporation, established “Jyumoku-i Jyoshi-kai” which training up and alignment as female tree surgeons, and all that. Her great job is drawing media attention.


ALL IS YOUR LIFE #3

画家 浅野真一

ALL IS YOUR LIFE の第3回目は画家の浅野真一さんです。
モチーフを組んで絵を描く、いわゆる静物画というジャンルになるとおもいます。個人的な印象ですが、緻密な描写のうえに独特の揺らぎや光、色があって、観る人に「どうだ!凄いだろう!」といった圧を感じさせない、心地よい魅力を感じる作品を描く画家さんです。
2019年11月の個展に向けた制作過程から個展初日まで、会話しつつ撮影しました。そこからみえてきた様々な魅力をショートピースで紹介していきます。
浅野真一:http://asanoshinichi.web.fc2.com/index.html